• ユーザーレビュー2017.11.13
  • ゆとぴさん:特撮ヒーローフィギュアがディスプレで躍動!


今回は特撮ヒーローモノやアメコミのフィギュアの情報・レビューサイト「FRC フィギュアレビューセンター」管理人の「ゆとぴ」さんのレビューをご紹介します。

フィギュアを演出できる『ディスプレ』をレビュー!【組み立て・ライトアップ編】

フィギュアを演出できる『ディスプレ』をレビュー!【ディスプレイ編】

 

最近、5歳になる息子が「仮面ライダービルド」とかのヒーローモノにハマりだして、その影響でワタクシもにわか知識が増えてしまったワケですが、戦隊ヒーローモノは男子ならだれでも一度は通る道ですよね。
強いってやっぱかっこいいです。

ゆとぴさんが管理されている「FRC フィギュアレビューセンター」では、そんなヒーローモノ可動フィギュアのレビューがてんこ盛り!

ディスプレの照明演出パターンとヒーローモノならではの迫力のある展示演出を、動画とあわせてアップしていただいてますので、是非参考にしてみてください。

今回ゆとぴさんがご要望いただいたのは、「D202030S-SS(サーフェスモジュール×8)」のセットです。

dummy
ゆとぴ

ライトアップは先ほども説明した通り、コントロールボックスを使用して操作します。
オレンジの部分をマイナスドライバーなどで回転させてライトの演出方法を選択します。
まずは1番のノーマルな点灯から。

dummy
ゆとぴ

このようにマイナスドライバーを使用してダイヤルを回転させるとライトの操作ができるようになります。
続いては1番から5番までです。
1番から3番あたりはわかりやすいと思います。3番は水のゆらぎのような演出ができます。
4番と5番はセットのような扱いですね。4番ではLEDの光量が変化していきます。5番では4番の変化する光量のなかで好みのものがあったら、5番にダイヤルを回し固定することができます。

dummy
ゆとぴ

サーフェスモジュールの裏にはコントロールボックスと同じようなダイヤルついています。ですがこのダイヤルは光の演出を選択するものではなく、サーフェスモジュール自体にIDを振り分けるものとなっていて、そうすることで先ほど動画内ではすべてのサーフェスモジュールで統一された演出が、コントロールボックスのスイッチを複数扱うことができるようになるので、サーフェスモジュールごとに別々のライティング演出をすることが可能になります。

dummy
ゆとぴ

続いては6番と7番の演出を見ていきましょう。
ダイヤルを6番に合わせていくと徐々にパターンで点滅していくようになりますね。また7番の場合はその逆順になります。

dummy
ゆとぴ

最後に8番と9番の音センサーを見ていきましょう。こちらはそのまんま、音に反応するとライトが点滅する仕組みになっています。これが本当にすごい。

dummy
ゆとぴ

トントンすると反応するのがわかると思います。すごいですよね。続いては音楽に合わせてやってみましょう!曲は僕が好きなクラシックの曲「ボレロ」です。

dummy
ゆとぴ

どうです?すごいでしょ!これがディスプレの本気ですよ!!!ただライトアップするならカスタマイズや市販でもあります。ですが音に合わせてライティングするのは本当に素晴らしい。これは無限の可能性がありますよ!

ありがとうございます!

というか、照明演出パターンの説明がすごくわかりやすくて、補足の必要なしです(笑)
ありがとうございます!

dummy
ゆとぴ

はじめての際は少し難しく感じてしまうかもしれませんが、一度組み立てることができればあとは説明を見なくても簡単に組み立てることができます。このようにお手軽にライティングを楽しめるのは素晴らしいですよね。
しかもパーツを追加注文すればこれよりも大きくしたり小さくしたりすることもできます。可能性はかなり広いですよ。僕は個人的にはもっと大きくしようかなとおもっています笑

ヒーローモノのフィギュアなどはコレクションが増え続けるいっぽうだと思いますので、サイズ拡張も簡単にできるディスプレはうってつけだと思います。

 

それでは、ゆとぴさんのヒーローコレクションをどばっとご紹介します!

■仮面ライダーエグゼイド

 

 

■ドクターストレンジ

 

 

■バットマンVSスーパーマン

 

■ダース・ベイダー

 

 

■仮面ライダー鎧武

 

■シンゴジラ

 

 

■仮面ライダーW

 

 

■アイアンマン

 

■スーサイド・スクワッド

 

■仮面ライダー剣

 

 

でらかっけー!(名古屋弁)
お腹いっぱいです!

 

■その他

 

dummy
ゆとぴ

結構いろんなフィギュアを引っ張りだして遊んでしまいました。光で演出するっていうのはいままでやったことがなかったので、ここまで楽しいとはおもいませんでしたね。

 

そうなんですよね、高級ディスプレイケースでカッコよく飾るのもアリだと思いますが、照明演出がお手軽に加えられるディスプレなら、コレクションを飾る楽しさもさらに広がると思います。

こどもの頃に仮面ライダーのソフビを両手にもってで「ライダーきぃぃぃっくぅぅ!」とかいって遊んでいた頃のように、童心に返って楽しめると思いますよ。

 

ゆとぴさん、貴重なレビューをありがとうございました!

 

【プロフィール】

ゆとぴ

FRC フィギュアレビューセンターの管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。たまにアニメも。レビューは可動フィギュアがメインです。S.H.フィギュアーツやfigma、MAFEX、超像可動などなどのブランドのフィギュアが多いです。

HP: https://www.frc-watashi.info/
Twitter: @frc_watashi
Instagram: yutopipi_frc

 

 

カテゴリ

人気記事

新着記事

ショッピングインフォメーション

お問合せフォーム

ITEM CATEGORY
「ディスプレ」の選び方
「ディスプレ」をカスタマイズ
アクリルセミオーダー
FORCOLLE オリジナルグッズ
CONTENTS
What’s ディスプレ
How to ディスプレ
ユーザーレビュー
よくあるご質問
ご利用ガイド
MEMBERS
会員登録
マイページ
メルマガ登録・解除
ABOUT FORCOLLE
会社概要
特定商取引法
プライバシーポリシー
サイトマップ